• ホーム
  • 年齢を重ねた男性のシミは同年齢の女性より濃くて大きい

年齢を重ねた男性のシミは同年齢の女性より濃くて大きい

2020年05月15日

最近では、男性の中でも美への関心が高まっている傾向が見られます。ドラッグストアの男性用化粧品コーナーを見ても、一昔前よりも大分充実していることを見ても、スキンケアをする男性は増えているということが分かります。

そこで気になるのが男性のシミです。年齢とともにお肌に現れるエイジングサインですが、シワやシミ、毛穴の開きやたるみは女性だけではなく男性にも生じます。その主な原因は肌のコラーゲン分泌が減少する事で起こる肌の乾燥が引きがねとなることが多いですが、それだけではありません。ターンオーバーという肌の新陳代謝がありますが、古い角質がはがれおちて新しい皮膚に生まれ変わる働きが乱れてしまうということで、角質やメラニン色素が蓄積されてシミとなって現れてきてしまいます。

エイジングサインの一つでもあるシミは、老けた印象になりますし気になるものです。また女性と比較した時に、男性のシミの方が濃いのは性別の違いも大きく影響しています。男性は40~50歳になると、どんどん濃く大きくなってしまうのですが、その理由をみてみましょう。

シミ部分のプラスミンという炎症性物質が、女性と比較して多い事が測定の結果わかっています。プラスミンによってメラニン色素を分泌しなさいという命令が出されるのですが、それが多い分女性よりもメラニン色素の分泌量が多い事で濃い状態になってしまうのです。

ではなぜプラスミンが女性よりも多いのかというと、男性の方がスキンケアをしていない方が多い事、また紫外線対策として日焼け止めを使ったり帽子や日傘などのアイテムを使っていない方が多いということが理由に挙げられます。日焼け止めに関しては9割近い方が使っていないとも言われていますし、それは紫外線からのダメージを受けてメラニン色素が多く分泌される要因にもなります。

さらにごしごしと強く洗顔してしまう事で、お肌に摩擦を起こしたり、こまめにヒゲを剃る事も影響してプラスミンが増えてしまう事も関係します。女性の肌よりも大きいシミが出来たり、年齢を重ねる事でどんどん濃くなるのはそのためです。

そこで大きいシミにしないためにも早い段階でのケアが必要です。最近では男性向けのスキンケアアイテムも多数登場していますし、保湿を心がけてバリア機能を高める事、そして美白化粧品でメラニン色素の分泌を抑えること、洗顔方法を見直したり、摩擦をできるだけ与えないような優しいケアを行う事が重要です。

日々のスキンケアは非常に重要ですし、どういったケアをした方で数年後、数十年後の肌にも大きな違いが出てきます。まずは正しいスキンケアの方法を知る事から始めていきましょう。出来てしまったシミを薄くしたり消したりと言った治療法も有りますが、日焼け止めや美白化粧品で予防する事も重要なポイントです。

乾燥はあらゆる肌トラブルを引き起こす原因にもなりますし、保湿も行いアンチエイジングをしていきましょう。