• ホーム
  • ニキビ・シミに刺激の少ないスキノレンクリーム

ニキビ・シミに刺激の少ないスキノレンクリーム

2020年04月06日

肌トラブルの中でも、気になるという方が多いのがニキビです。過剰な皮脂分泌によって毛穴がふさがれてしまう事で老廃物や皮脂が溜まり、それを餌とするアクネ菌が繁殖、炎症する事でニキビは出来ます。ドラッグストアでは、軽度のニキビ治療薬は購入出来ますが、効果があまり出なかったという方も少なくありません。皮膚科で診察を受けて処方してもらえる薬の方が効果が高い事も有りますが、根本的にニキビができにくくなる薬を浮かう事も重要です。

そこで今注目されているのが、スキノレンクリームです。スキノレンクリームは皮脂分泌を抑制したり、シミや肝斑にも効果が期待出来ます。臨床実験でも使用した方の60%以上の方に、ニキビが減ったという効果が見られました。

また治療薬を使って赤みや刺激を感じてしまうような敏感肌の方でも、この薬は安心して使っていく事が出来ます。というのも、刺激が一番少ないニキビ薬ともいわれているからです。スキノレンクリームは、角栓を取り除くピーリング効果がありますが、良く使われるピーリング効果のある医薬品のアダパレンやトレチノインと比較すると若干効果は弱められています。アダパレンやトレチノインは、1~2ヶ月程度刺激や赤みなどの副作用が出てしまう事がありますが、スキノレンクリームは刺激が少ないため敏感肌の方も安心して使う事が出来ます。

刺激が少ないだけではなく、効果に関しては様々な所に作用します。毛穴の角栓だけではなく、過剰な皮脂の分泌、アクネ菌の増殖、炎症の赤みや色素沈着のシミや肝斑などにも効果がありますので、今まで化粧品だけで予防を主としたアプローチしかできていなかった方は、その違いを実感することが出来るでしょう。

成分的に少し弱められているため、効果が出るまでにはトレチノインやアダパレンよりも少し期間がかかることもありますが、刺激が少ないというメリットは大きいです。副作用が強くてつらければ使う事が出来ないからです。

ニキビの原因にもなっている角栓は、汚れ毛穴につまると黒ずんで見えてしまうこともあります。シート状の毛穴パックもドラッグストアなどでは購入することが出来ますが、パックを剥がす際に強力な力がかかって皮膚にダメージが与えられるだけではなく、逆に毛穴が開きすぎてしまってさらに汚れが詰まると言った状況を生み出すリスクも大きいので、出来れば避けた方が良いです。

ニキビとシミを両方ケアするためには、それぞれに効果がある医薬品を使わなければなりませんが、スキノレンクリームであればその両方の対策が1つで出来てしまうので、とても快適です。なおこのクリームは、単品使用でも炎症を抑えていく事は出来ますが、抗菌作用に特化したクリアウィンなどの外用抗菌薬と併用する事で、さらに高い効果を期待することが出来ます。

アンチエイジングの観点でも、また肌トラブルの原因でもあるニキビの改善にも役立つので気になる方は試してみましょう。